太陽光
メインイメージ
家庭用太陽光発電
産業用太陽光発電

補助金採択率90%超えの実績、導入コンサルタントが現地調査から見積り、
補助金申請もしっかりサポート!⇒お気軽にご相談ください!

トップ > 工場・スーパーに太陽光発電を設置するメリット

工場・スーパーに太陽光発電導入のメリット

電気の自給・売電による費用軽減

電力会社から電気を買うこと(買電)が減り、余った電気は電力会社へ売ること(売電)ができます。

企業イメージの向上

環境問題への取り組みを積極的にアピールでき、企業イメージの向上に繋がります。 また、環境問題を考える子供達たちへの目にみえる教材としての役割も生まれます。

空きスペースの有効活用

空きスペースである建屋上、駐車場屋上、倉庫ビル屋上、車庫、空き地などの遊んでいるところを有効活用できます。


通常方式より導入工費が軽減

通常方式の導入工費よりずいぶん軽減された工費で済みます。 機器システム挿入償還方式なので安心して導入いただけます。また、一般方式ではなく業務用(産業用)方式であれば、一般の通常導入式より早期に償還が可能です。

費用負担例

産業用太陽光発電システムの導入には、補助金や税制優遇の措置があります。

エネ革税制をご参照ください。

以下は、経常利益5,000万円の企業が20kw太陽光発電システム(予算1,800万円)を導入する場合の例です。

新エネルギー等事業者支援対策事業

導入費用:1,800万円(税抜)
1,800万円 × 1/3 = 600万円(補助金)
1,800万円 × 1.05(消費税) - 600万円 = 1,290万円・・・お客様負担額

エネルギー需給構造改革推進投資促進税制

新エネルギー設備の場合:取得価格 × 100% = 基準取得価格
1,290万円(お客様負担額) × 100%(償却率) = 1,290万円(特別償却率)

【通常の法人税】
経常利益 5,000万円 × 33% = 1,650万円・・・(a)
【エネ革税制適用後法人税】
経常利益 5,000万円 - 1,290万円(エネ革税制100%) = 3,710万円
3,710万円 × 33% = 1,224.3万円・・・(b)
【最終法人税の差】
1,650万円(a) - 1,224.3万円(b) = 425.7万円(優遇税額)

※425.7万円の優遇となります


Copyright 2010. 産業用太陽光発電和上ホールディングスとくとくショップ.All Rights Reserved.