太陽光
メインイメージ
家庭用太陽光発電
産業用太陽光発電

補助金採択率90%超えの実績、導入コンサルタントが現地調査から見積り、
補助金申請もしっかりサポート!⇒お気軽にご相談ください!

トップ > マンションに太陽光発電を設置するメリット

マンションに太陽光発電を導入するメリット

入居率アップ

オーナー様のお悩み事として、賃貸アパートやマンションの入居率があります。 入居率が「100%」という物件は、そう見かけるものではないと思います。 特にプライバシーの観点から、物件の中でも1階~2階部分と言った低階層は、入居者の方からもなかなか選んで頂きにくい場所ではあります。 太陽光マンションは、その1階~2階(低階層)各戸へ、屋上の太陽光パネルで発電した電気を供給し、各戸の光熱費をまかなえるようにし、それをメリットとして入居者の方に提供することができます。

共益費の削減

太陽光設置型マンションには、入居率UP以外に、共益費を削減できるというメリットがあります。 削減が難しいとされていた共有部分光熱費の削減を大きく手助けします。

他マンションとの差別化

現在、太陽光設置型マンションは全国各地で広がっています。 入居された方は、「太陽光が設置されているからこのマンションを選んだ」ということをおっしゃっています。 「省エネ」「環境貢献」「光熱費削減」などのキーワードでマンション経営をされる方が増えてきています。

費用負担例

産業用太陽光発電システムの導入には、補助金や税制優遇の措置があります。

エネ革税制をご参照ください。

以下は、経常利益5,000万円の企業が20kw太陽光発電システム(予算1,800万円)を導入する場合の例です。

新エネルギー等事業者支援対策事業

導入費用:1,800万円(税抜)
1,800万円 × 1/3 = 600万円(補助金)
1,800万円 × 1.05(消費税) - 600万円 = 1,290万円・・・お客様負担額

エネルギー需給構造改革推進投資促進税制

新エネルギー設備の場合:取得価格 × 100% = 基準取得価格
1,290万円(お客様負担額) × 100%(償却率) = 1,290万円(特別償却率)

【通常の法人税】
経常利益 5,000万円 × 33% = 1,650万円・・・(a)
【エネ革税制適用後法人税】
経常利益 5,000万円 - 1,290万円(エネ革税制100%) = 3,710万円
3,710万円 × 33% = 1,224.3万円・・・(b)
【最終法人税の差】
1,650万円(a) - 1,224.3万円(b) = 425.7万円(優遇税額)

※425.7万円の優遇となります


Copyright 2010. 産業用太陽光発電和上ホールディングスとくとくショップ.All Rights Reserved.