太陽光
メインイメージ
家庭用太陽光発電
産業用太陽光発電

補助金採択率90%超えの実績、導入コンサルタントが現地調査から見積り、
補助金申請もしっかりサポート!⇒お気軽にご相談ください!

トップ > 福祉施設に太陽光発電を設置するメリット

福祉施設に太陽光発電を導入するメリット

人と地球に対する配慮を具体化できます

人々の健康と幸せのために取り組む現場への太陽光発電システムの導入は、地球環境の「健康と幸せ」への取り組みともなります。 このような人と地球に配慮した施設は、訪れる様々な人々や地域に対し、医療・福祉と地球環境への積極的姿勢を訴求し、また、環境問題の普及啓発をはかることができます。

災害時停電でも非常用電源の確保が可能です

大規模地震などの災害時停電状態においても、最低限必要な非常用の電気を供給することが可能です。



費用負担例

産業用太陽光発電システムの導入には、補助金や税制優遇の措置があります。

エネ革税制をご参照ください。

以下は、経常利益5,000万円の企業が20kw太陽光発電システム(予算1,800万円)を導入する場合の例です。

新エネルギー等事業者支援対策事業

導入費用:1,800万円(税抜)
1,800万円 × 1/3 = 600万円(補助金)
1,800万円 × 1.05(消費税) - 600万円 = 1,290万円・・・お客様負担額

エネルギー需給構造改革推進投資促進税制

新エネルギー設備の場合:取得価格 × 100% = 基準取得価格
1,290万円(お客様負担額) × 100%(償却率) = 1,290万円(特別償却率)

【通常の法人税】
経常利益 5,000万円 × 33% = 1,650万円・・・(a)
【エネ革税制適用後法人税】
経常利益 5,000万円 - 1,290万円(エネ革税制100%) = 3,710万円
3,710万円 × 33% = 1,224.3万円・・・(b)
【最終法人税の差】
1,650万円(a) - 1,224.3万円(b) = 425.7万円(優遇税額)

※425.7万円の優遇となります


Copyright 2010. 産業用太陽光発電和上ホールディングスとくとくショップ.All Rights Reserved.