太陽光
メインイメージ
家庭用太陽光発電
産業用太陽光発電

補助金採択率90%超えの実績、導入コンサルタントが現地調査から見積り、
補助金申請もしっかりサポート!⇒お気軽にご相談ください!

トップ > 太陽光ビジネスの時代

太陽光ビジネスの時代がやって来た!

国のエネルギー政策が、原発から自然エネルギーへとシフトチェンジがされそうな気配があります。
2012年に入り、相次いで原発の運転停止が始まり、1カ所の原発を除いて、原発は稼働していない事態になりました。この1か所の原発にしても、真夏の電力供給のためであり、継続運転の目処は立っていない状態です。

 

また、ギラギラ輝く太陽は、日本列島に酷暑という形で降り注いでいますが、恨めしそう見ているだけではなく、この酷暑を生むエネルギーこそ、自然エネルギーの花形、太陽光発電そのものと言えるでしょう。
特にオススメしたいのは産業用太陽光発電で、何もメガソーラーだけの話ではなく、オフィスビルや商業施設、工場といった建物の所有地に設置することでメリットは大きく広がります。
全量買取制度が制定されたことで、発電された電力をすべて売電するもよし、一部は消費用、一部は売電用と系統分けをして、運用するのも可能です。目的と費用に関しては、いくらでも相談に乗れる産業用太陽光発電ですから、そのニーズにしっかりと対応出来るかと思います。

企業イメージの訴求や従業員のエコ感覚の意識向上にも

また、昨今はCSRが重視される時代です。 企業が環境に配慮しているというアピールのための産業用太陽光発電という位置づけもあります。二酸化炭素を排出しない、温暖化抑止に寄与する企業として環境問題に取り組んでいますよというイメージ訴求も可能になります。

同時に従業員に対しても、エコ感覚の意識向上にも役立つことです。
どんな動機であれ、和上ホールディングスがお客様の立場に立って、どんな条件でもクリアできるようお手伝いすることができます。産業用太陽光発電のメリットは、挙げればきりがありません。

コスト面も心配無用

コスト面で言うと、しっかりと売電をすることで、かかった費用を少しでも取り返すことができますし、この際万が一のための自家発電として設備を別にしておくこともできます。エネルギー供給の行方がわからない今日だからこそ、太陽光に頼るエネルギー確保が現実的な問題となっています。



Copyright 2010. 産業用太陽光発電和上ホールディングスとくとくショップ.All Rights Reserved.