太陽光
メインイメージ
家庭用太陽光発電
産業用太陽光発電

補助金採択率90%超えの実績、導入コンサルタントが現地調査から見積り、
補助金申請もしっかりサポート!⇒お気軽にご相談ください!

トップ > グリーン税制について

グリーン税制について、工場での設置にはさらなる優遇も

企業における産業用太陽光発電システムには、優遇税制というメリットもあります。 それがグリーン投資減税です。

 

対象は、青色申告書を提出する法人

平成23年4月1日から平成26年3月31日までに、二酸化炭素の排出を削減するための設備を取得して、1年以内に国内でそれを使用したと認められた場合に適用されるものです。
特別償却は、取得価格の30%としています。ということは、当然産業用太陽光発電も含まれるものですが、一応10kw未満のものに関しては対象外となります。

グリーン投資減税の目的

グリーン投資減税の目的は、再生可能エネルギー設備への投資の支援とされています。 それまで日本では、エネルギー需給構造改革推進投資促進税制(エネ革税制)がありました。
これは、グリーン投資減税とほぼ同じような制度ですが、中小企業に限定されていたものでした。 グリーン投資減税との併用はできず、平成24年3月31日を持って、制度は終了しました。

 

既に国では、企業に対して減税措置をしてきたわけですが、グリーン投資減税と形を変え、中身を見なおしたと考えてよいでしょう。
本格的な自然エネルギーを稼働させるべく、世界的な地球温暖化防止に足並みを揃えることで、環境問題に真剣に取り組む日本の姿を世界にアピールする目的もあります。
やはり東日本大震災での原発事故とその後の原発運転停止の影響を考えると、早急につぎのエネルギーの確保が急務になってきます。

 

そこで、企業が本格的に産業用太陽光発電を取り組むことで、大幅なエネルギーを供給の可能性が見えてくることが予想されます。
現に、最近では次々にメガ・ソーラーの建設と計画が発表され始めています。 またそれらのことを後押しするのは、2012年7月開始の産業用太陽光発電を対象とする全量買取制度です。
企業でできた電力はすべて買い取りますという国の方針で、ますます産業用太陽光発電システムの普及と、再生エネルギーの安定供給が大いに期待されるところです。これからの企業の環境に対する姿勢が問われることになり、その恩恵が減税という形になることで、経営者の手腕の見せ所です。



Copyright 2010. 産業用太陽光発電和上ホールディングスとくとくショップ.All Rights Reserved.